指輪の購入|夫婦の初めてのお揃いは結婚指輪から|誓いの証
男女

夫婦の初めてのお揃いは結婚指輪から|誓いの証

指輪の購入

ペアリングを持つ人

結婚指輪の価格の傾向について

結婚指輪は、ダイヤモンドのタイプが一般的です。リーマンショック以降景気が回復していますので、ダイヤの値段が上がりつつあります。また、リングのプラチナも同様に上昇傾向がありますので結婚指輪が総じて高くなっています。購入の形態として、プラチナの純度やダイヤの品質を落として安く上げるという手段がとられています。その分、ダイヤの大きさを優先して結婚指輪全体の見栄えを重視する傾向にあります。結局、純度はルーペで見ないと分かりませんし、外観からは到底判断しようがないのです。大きさなら感覚的に高級かどうかがわかるためです。また、最終的に結婚指輪を売却する際に値段に影響しますが儲かるわけでもなく、買値の1/10程度になってしまいますので、そのために購入金額を上げることを重視しなくてもよいのです。

最近の結婚指輪の動向をチェック!

晩婚化が進んでいるとはいえ一生の大事なイベント、結婚。9世紀ごろローマで始まった結婚指輪は、現在では日本でも二人の絆の証としてすっかり浸透しています。現在では結婚したカップルの98%が結婚指輪を購入しているというからかなりの割合です。結婚指輪の購入価格の相場は二人合わせて21.5万円といわれていますが、貴金属価格の高騰や高級な海外ブランドが全体の価格をあげているようです。また、最近は結婚指輪に個性を求める傾向も強く、セミオーダーやデザイナーと話し合ってつくっていくというフルオーダーの指輪を求めるカップルも少なくありません。また両親世代はシンプルで飾り気のないものが主でしたが、最近ではこじゃれたウェーブラインのデザインが人気など変化がみられます。